加地和組とは

創業70余年、当社は総合建設企業として地域の公共事業と民間事業を幅広く担い、より豊かで住みよい環境づくりを目指してまいりました。

土木部門

当社は、トンネル・道路工事や河川・ダム工事、橋梁工事や港湾工事などのインフラ工事を多数担い、地域と共に歩んでまいります。

東日本国際大学付属昌平中学校・高等学校第二校舎

建築部門

加地和組は、建築工事の分野でも、長年の実績を基に、公共施設から商業施設、一般住宅まで幅広く手掛け、地域の暮らしを支えています。

SDGs

加地和組は、持続可能な社会の実現のため、SDGsに取り組んでまいります。

CSR

当社は例年地元いわきで開催される花火大会などのイベントに協賛・寄付しています。加地和組はこれからも地域の皆様と共に歩んでまいります。

加地和組の取り組み

持続可能な社会のために

ISO登録

当社は、顧客のニーズ及び期待に応えること、
さらには環境保全及び安全衛生への取組みを実施し、地域社会に貢献し「住みよい環境を創造する」企業として、事業の継続・発展を追求します。

事業継続計画

仕事と生活の調和

  • 健康経営優良法人

    当社は2023年3月8日、経済産業省により「健康経営優良法人2023(中小規模法人部門)」に認定されました。

  • 健康事業所宣言

    当社は、福島県と全国健康保険協会福島支部の推進する「健康事業所宣言」を行い、健康経営優良事業所2020に認定されました。

  • 福島次世代育成支援企業

    当社は、福島県から「働く女性応援」中小企業認証、「仕事と生活の調和」推進企業認証を受けました。

News

新着情報

Facebookを始めました。

工事リポート②好間川1工区【土木部門】

【上流より下流を望む】 【施工前】

【令和6年2月 竣工】

   【下流より上流を望む】 【施工前】

【令和6年2月 竣工】

※ 画像クリックで拡大します

工事名称:第20-41380-0224号 河川災害復旧助成工事(掘削工)

加地和・三崎 特定建設工事共同企業体

工事場所:好間川筋 福島県いわき市好間川中子字落合地内外

工事概要

河川土工 
   ・掘削運搬        87,297.1m3
法覆護岸工
   ・平ブロック張      8,308.4m2
   ・防草シート張      7,378.7m2
構造物撤去工
   ・コンクリート取壊し   1,723.5m2
地盤改良工
   ・中層混合処理      30,096.8m3
   ・土質改良        14,595.7m3
仮設工
   ・工事用道路工      3.0箇所
   ・土のう設置撤去     1,912.0袋
   ・仮桟橋工        3.0箇所
   ・敷鉄板設置撤去     546.0枚
堤防舗装工           3,491.7m2
木根等処分           12,756.0m2

工事リポート【建築部門】

(仮称)小野川製作所第3工事新築工事他(令和5年11月)
(仮称)小野川製作所第3工事新築工事他(令和5年11月)
(仮称)小野川製作所第3工事新築工事他(令和5年11月)

工事名称:(仮称)小野川製作所第3工場新築工事他

工事場所:福島県いわき市四倉町字芳ノ沢1-23地内

工事概要:

鉄骨造平屋建て 延床面積:3,332.16m2
電気設備・機械設備含む
外構工事
既存建屋改修工事

工事リポート【土木部門】

多機能拠点防災調節池整備工事(令和5年11月)
多機能拠点防災調節池整備工事(令和5年11月)

工事名称: 多機能拠点防災調節池整備工事

工事場所: 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字小堤地内

発注者 : 楢葉町

施工者 : 加地和・草野・五大 特定建設工事共同企業体

工事概要:

Jヴィレッジ・道の駅ならはに隣接する地域において災害時の避難場所や来訪者との交流場所整備のため、多機能拠点整備事業を実施しています。防災・交流拠点として駐車場・公園の造成、大雨洪水対策として防災調節池等を整備します。弊社JVでは防災調節池整備工事を施工します。

掘削V=34,948.0m3  盛土V=31,476.5m3  
プレキャストU型側溝L=690.7m  アスファルト舗装A=705.7m2    
中層混合処理V=2,686.8m3  浅層混合処理V=1,894.2m3
ブロックマットA=4,514.2m2  植生基材吹付A=3,295.7m2  
中低木植栽N=362.0本